イオン銀行カードローン 審査 口コミ・評判

イオン銀行カードローン審査の方法や口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどのメリット・デメリットを解説しています。

イオン銀行カードローン審査の口コミと評判をまとめました。

イオン銀行「カードローンBIG」は、総量規制(年収3分の1制限)の影響をを受けない!低金利の年3.8%〜13.8%。100万円までなら収入証明書の提出も不要。MAX800万円まで借入可能。


イオン銀行カードローン審査の方法や口コミ・評判や借入限度額、審査時間、融資スピードなどのメリット・デメリットを解説しています。

イオン銀行カードローンBIGの詳細情報

■利用できる方

下記の条件合う個人の方

・国内に住んでいる方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
・契約時の年齢が満20歳以上〜満65歳未満の方。
・イオン銀行に普通預金口座をお持ちの方(*1)。
・本人もしくは配偶者に安定し継続した収入のある方(*2)。
・イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けことのできるお客さま。
(*1) 店舗でのお申込みの場合、普通預金口座と同時にお申込みいただけます。
(*2) バイト、派遣、パート、自営業者、専業主婦の方は可、学生の方は不可。

■使用用途
基本的に自由(ただし、事業資金には利用不可)

■契約期間
1年(ローンカード発行日から1年後の応当月7日まで)ごとの自動更新

■契約する借り入れ限度枠
30万円〜800万円 (100万円未満は10万円単位、100万円超は100万円単位)

※ 審査結果次第では、借り入れたい貸越極度額から減額させていただく可能性があります。
※ 専業主婦の方等でお客さま無収入で、収入のある配偶者がいる方のお申込みは貸越極度額50万円までです。
※200万円を超える申し込みには、本人のご年収が確認できる資料をご準備ください。

■借入年率
年3.8%〜13.8%

◎契約する借入枠
⇒借入年率

◎30万円・40万円・50万円・60万円・70万円・80万円・90万
⇒年13.80%
◎100万円・200万円
⇒年8.80%
◎300万円
⇒7.80%
◎400万円・500万円・600万円
⇒4.80%
◎700万円・800万円
⇒3.80%

※実質金利は変動金利です。金融情勢等で見直しが入ります。借入年率については、ローン金利を確かめてください。

■利子計算方法
毎日の最終残高について、付利単位を100円とし、1年を365日とする日割り計算とします。

利息=毎日の最初の残高×年利率÷365×[初回借り入れ日の翌日または前回返済日当日までの利用日数]

■遅延損害金
返済を遅延された場合、借入残高に対し遅延損害金は年19.8%とします。

■担保・保証人
イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)に保証されるので、担保・保証人とも要りません。

■発行カード
ローンカード*1を発行いたします。
もしくは、ローンカード、イオン銀行のキャッシュカード機能の付いたカード*2でも利用可能です。

*1 イオン銀行ATM、提携銀行のATM等でカードローンの取引きができます。
*2 イオン銀行ATM限定でカードローンの利用ができます。

■手数料
無料

※ 提携コンビニのATM等を{取引き|借入|利用|する時は、提携コンビニ所定の利用手数料・時間外手数料がかかる場合があります。

■自動融資
カードローンの返済用普通預金口座が、口座振替請求等による自動支払について残高が不足するとき、貸越極度内において不足金額を自動的に融資します。
ただし、残高不足が下記の条件に該当する場合は自動融資の対象にはなりません。

積立式定期預金・投信自動積立への自動振替
イオン銀行ローンの元金返済または利息支払
WAON(電子マネー)へのオートチャージ
イオンクレジットサービス(株)の引落とし
※ 自動融資は希望により申込み可能です。

■返済方法
毎月の返済は毎月7日(「土曜日」、「日曜日」、「祝日」、「国民の休日」の場合にはこれらの日の翌日)に毎月の返済日前日の貸越残高に応じて次の通り指定の返済用普通預金口座から引き落としがなされます。


■残高スライド方式

◎毎月の返済日前日のご利用残高 : 毎月の返済額
・3千円以下 : 毎月の返済日前日現在の利用残高とお利息(最大3千円)
・3千円超10万円以下 : 3千円
・10万円超40万円以下 : 5千円
・40万円超50万円以下 : 1万円
・50万円超100万円以下 : 1万5千円
・100万円超150万円以下 : 2万円
・150万円超200万円以下 : 2万5千円
・200万円超250万円以下 : 3万円
・250万円超350万円以下 : 3万5千円
・350万円超450万円以下 : 4万円
・450万円超600万円以下 : 5万円
・600万円超 : 6万円

また、毎月の返済だけでなくイオン銀行ATMやイオン銀行ダイレクトでご自身で返済することも可能です。ただし、任意に返済しても指定の返済用普通預金口座からの毎月の返済は要ります。ちなみに、毎月の返済を遅延した場合は、遅延分の金額を返済するまでさらなる借入れは不可となっています。

■その他の事項
通帳は発行されません。引出・返済の明細はイオン銀行ダイレクトかお取引明細書(別途申込みが必要、発行手数料216円/月(税込))、ATMにてお確かめください。

※ イオン銀行ダイレクトは、お取引明細書は無料で閲覧・ダウンロード可能です。

■申込み時、必要な書類

◆本人確認書類
(下記の中でいずれか1通。ただし、氏名、住所そして生年月日が記載されていて、有効期限内のもののみ。)

【日本国籍の方】
?運転免許証(変更がある場合は両面)(*1)
?パスポートコピー(公印、写真並びに現住所のページ)(*1)
?各種健康保険証コピー(お名前、生年月日、住所が記載されたページ。カードタイプの場合は両面)(*1)
?年金手帳コピー(現住所記載ページ)(*1)
?住民票の写し(コピーではありません)、もしくは住民票記載事項証明書(*2)
?印鑑登録証明書)(*2)

【外国籍の方】
?在留カードもしくは特別永住者証明書コピー(変更された場合は両面)(*1)(*3)
?住民票の写し(コピーではありません)(*3)

(*1) コピーを提出してください。
(*2) 発行後3ヵ月以内の原本を提出してください。
(*3) 外国籍の方は永住許可を受けていることを確認するために必要となります。

◆年収(収入)を確認できる書類収入証明書
(下記のうちいずれか1通。ただし、借入希望枠が100万円以下の場合には基本的に要りません。)
?源泉徴収票(前年度)のコピー
?直近3ヵ月以内に発行された給与明細2ヵ月分のコピー
?直近の住民税決定通知書のコピーまたは課税証明書(直近発行後3ヵ月以内)の原本
?納税証明書その2(所得が書かれていて、直近発行後3ヵ月以内)の原本
※ 契約する借入希望額が100 万円以下でも審査の結果によっては、提出をお願いすることがあります。
※ 個人事業主、法人経営者の利用者は契約する借入額に問わず、提出する必要があります。
(提出する書類は上記の?もしくは?のいずれかに限ります。)
※ ??は社名表記のあるものでお願いいたします。

 

 

 

イオン銀行カードローン申込のときの申告で嘘をつくのは厳禁!

審査の前には申し込みのための申告をします。
そこで、「収入が少ないとカードローン審査に落ちそうだから、審査に借りられるように年収を増やして申込書の記入しておこう」と、カードローン申込の際に嘘の情報を申込書の記入する方が結構な数でいらっしゃいます。
しかし、これは絶対にやってはダメです。

「実際の年収まではわからないだろう。」
と考えてのことなのでしょうが、相手も様々な申込者を審査してきたある意味玄人です。
過去の申込者の情報を基に、勤続年数や勤め先の大中小、年齢などからおおよその年収を把握しています。
さらに、イオン銀行には申込みした後にオペレータによる電話での本人確認があり、そこでも申込書の記入した情報の質問が入ります
よって、この平均値から大きく逸脱していれば、イオン銀行は「これは変だ」と判断するわけですね。

これは年収の他の項目でも同じになりますので、申し込みフォームへの入力時の嘘はほぼイオン銀行側にヘタをすればバレてしまいます。
嘘の申告をしたと一度わかってしまえば、イオン銀行側としては今後は融資をすることはないと言って問題ありません。

もしも正直に審査に申し込んでいた場合、お金を借りられる、あまりに悪質だったり嘘が多かったりすると、信用情報へ要注意人物として記載されてしまい、他のカードローン業者でも融資ができなくなってしまうかもしれません。
また、ありもしない情報の申し込みフォームへの入力のままお金を借りてしまうと、詐欺として訴えられてしまうおそれもなきにしもあらずです。
結論としては、ありもしない情報の申告は百害あって一利なしとも言っていいでしょう。
正直に申告して審査通過しないならキャッシングしないぐらいの気持ちでいましょう。