イオン銀行カードローンNAVI-イオン銀行カードローンの審査と口コミ・評判について-

日本最大級のイオン銀行「カードローン」の専門情報サイトです。

イオン銀行の債権を保全する保証会社

      2016/06/09

photo0000-2050

イオン銀行カードローンBIGを利用するためには申込みをしなければなりません。

カードローンの申し込みはインターネットのサイトにある所定のフォームからになり、この様式の必要部分をすべて埋めなければ、次へ進まない仕組みになっています。

 

様式にある項目の必要事項が埋められた状態であれば、送信ボタンをクリックして、あとはイオン銀行での審査を待つことになります。

記載必要事項が埋められていないと、その様式は送信でませんから、送信ができたということはその申し込みがイオン銀行に受理されたことになります。

 

イオン銀行カードローンBIGは無担保、無保証人ですから、審査の基準となるのはすべてが個人の信用の程度ということになります。

そこで、イオン銀行のイオン銀行カードローンBIG審査では、確認を含めたいくつかの手順が実行されます。

 

審査は、保証人の役割を担う、イオンクレジットカードサービス(株)またはオリックス・クレジット(株)がおこないます。

なお、イオンクレジットカードサービス(株)は、イオンフィナンシャルサービスの連結子会社で、オリックス・クレジット(株)は消費者金融会社、オリックス株式会社の完全子会社です。

 

このいずれかでおこなわれる審査で、重点を置かれるのが属性と呼ばれる項目で、イオンクレジットカードサービス(株)ありはオリックス・クレジット(株)が独自に所有している個人情報に加えて、外部の信用情報機関にある情報との照合がおこなわれます。

この場合に使用する情報は、主に全国銀行個人信用情報センター(略称「KSC」)と呼ばれる、全国銀行協会(全銀協)の信用情報機関、株式会社シー・アイ・シー(CIC)あるいは、株式会社日本信用情報機構(JICC)に保管してある記録です。

 

イオン銀行カードローンBIGの審査でこのうちのどれが利用されるかは明らかにされてはいませんが、個人情報の照会は、銀行系列で多用されるのは全銀協とCICだと考えられます。

しかし、中には消費者金融での返済に関するトラブルなどを調査する場合はJICCにも照会をすることになります。

その理由は、これらの個人情報機関にはそれぞれに特徴があり、例えば全銀協は銀行関連のローンに関する情報を数多く保管しており、JICCは消費者金融関連の個人情報の多くを保管していて、CICはクレジットカード関連のトラブルに関する個人情報を保管しているからです。

 

このように、イオン銀行カードローンBIGを発行するのはイオン銀行で、そのための審査は保証会社であるイオンクレジットカードサービス(株)あるいは、オリックス・クレジット(株)というわけです。

 

イオン銀行カードローン

aeonbank0000003

〇カードローンでお金をすぐに借りたい方

〇審査が早く柔軟なカードローンが欲しい方

〇カードローンの審査に落ちてしまった方

aeon

総量規制(年収3分の1制限)の影響をを受けない

低金利の年3.8%~13.8%。 最高800万円まで借入可能。

◯ 300万円までの申込なら収入証明書の提出も不要

↓↓イオン銀行カードローンのお申し込みはこちら↓↓type1_on

実績のある厳選カードローン

アイフル

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.5~18.0% 500万円 30日
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 50万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・30日間無利息サービス

・あなたの銀行口座へ最短で振込み! 土・日・祝日・夜間でも、申込・借入・返済OK!

・フリーター、主婦でも安定した収入があれば申込可能!

イオン銀行フリーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.8%~13.5% 700万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
不可 300万円以上から必要 -
特徴

・金利が安い

・借りたお金は自由に使える。

・おまとめローンや借り換えにも使える!

楽天銀行スーパーローン

金利 借り入れ限度額 無利息期間
4.9%~14.5% 500万円 なし
即日融資 収入証明書 専業主婦・学生
可能 300万円以上から必要 専業主婦 厳しい 学生 
特徴

・金利が安くて負担にならない!

・月々3000円~の返済で楽に返せる

・誰にもバレないWEB完結の手続き

・おまとめにも使える低金利

・銀行系カードローンなのにブラックでも借りれた実績あり!

 - イオン銀行カードローンBIGとは

aeonbank